アコムのおまとめローンの特徴とメリット・デメリット

 

おまとめローンどこがいいかな?
まず思い浮かぶのが低金利で借入れ可能な銀行カードローン、そして気軽に借入れを考えられる大手消費者金融ではないでしょうか。
今回は大手消費者金融の中でも無人君で知られるアコムのおまとめローンについて考察してみたいと思います。
果たしてアコムでの1本化は、ベストな選択肢になりえるのでしょうか?

 

アコムでおまとめ!アコムのおまとめローンのスペックを見てみよう!金利は?多重債務もOK?

 

アコムには通常のカードローン以外にビジネスサポートローン、おまとめ用の借換え専用ローンが用意されています。
三菱UFJファイナンシャル傘下と言うこともあり、大手でも安心して利用出来る消費者金融として人気です。
まずはアコムの借換えローンのスペックから、その実力を拝見と行きましょう!

 

アコムのおまとめローン、スペック紹介!気になる金利はどれ位?

 

アコムの借換えローンの適応金利は7.7〜18%です!金利をいかに抑えるかがミソなのに、こんなに金利が高いんじゃ1本化をするメリットなし!と思いがちですが、おまとめ後の金利は加重平均金利(現在借入れしている金利の平均値)−1%が適応されます。

 

アコムの借換えローンは勿論総量規制の対象外ですが、利用限度額も低めの1〜300万円までと低め……
ただしアコムは非常に迅速な審査と融資姿勢で知られており、何日も待てない!
そんな方にはスピード重視のアコムの借換えローンは第一選択になりえます。

 

アコムのおまとめ審査基準、多重債務も大丈夫なの?

 

アコムのおまとめ審査の基準についてですが、敢えて難易度を示すとしたら☆☆☆といったところでしょうか。(☆1つが最低難易度として)
大口融資が多数のおまとめ商品はアコム側の利益も高いのですが、裏を返すと本当に返済してくれるのかな……
と言う心配の種も尽きないのです。
その為アコムでは多重債務者の審査には厳しく、5社以上の借入れ先がある場合は審査通過はNG!

 

また年収の1/3以上の借入れがある場合も、審査に大きく響きます。
その為いくら1本化と言えども、出来る範囲内で借入れ額、件数を減らしてから借換えローンの申し込みをすることが大切になってくるのです。

 

アコムのおまとめローンの申し込み手順に必要書類は?返済方法はどうなってるの?

 

それではアコムの借換え専用ローンの申し込み手順と必要書類についておさらいしてみましょう。

 

アコムのおまとめローン、申し込み手順と必要書類はコチラ!

 

まずアコムの借換え専用ローンは、インターネットからの申し込みは出来ません!
融資額が大きいおまとめローンなので、電話相談の後に無人契約機もしくは窓口まで直接赴き申し込みをする必要があるのです。
窓口の営業時間は9時30〜18時分までですが、無人契約機は8時〜22時まで営業しています。
ただし審査回答時間については9時〜21時まで(平日、土日祝日)になっているので、翌日に審査回答が持ち越されることもあるので注意しましょう。
また必要書類についてですが、

 

  1. 運転免許書(保険証、マイナンバーでもOKですが、顔写真がないもしくは記載住所が現住所と異なる場合は、住民票や公共料金の明細証等が必要です)
  2. 収入証明(源泉徴収、確定申告証や給与明細等)
  3. 銀行印と口座番号が分かるもの

 

また申し込みをする際は、現在の借入れ額が分かる利用明細や契約書等も用意していきましょう!

 

参考までに、来店、無人契約機以外にも郵送での申し込みも可能ですが、その場合審査が長引く為おすすめ出来ません。
また郵送申し込みの場合は、アコムからの借入れはおまとめ対象にならないことも覚えておきましょう。

 

借入れ方法と返済方法について

 

アコムで1本化をする場合、アコム側が借入れ先に代理返済をする形で、借入れ先に入金を済ませてくれます。
自分の足で返済を済ませる必要がない為、使い込んでしまう心配はありません。
ただし通常のカードローンではないので、返済をしても、その分の追加融資を受けることは不可能です!

 

返済方法に関しては、元利均等返済方式を採用しています。
返済額が不変なので、毎月の返済額を抑えることが可能です。
アコムの借換えローンでは加重平均金利より金利が下がることが予想されますが、毎月の返済額が減る事で、逆に返済期間が長引くケースが後を絶ちません。
つまり金利は下がったのに、利息総額がおまとめ前より高くなってしまう大きな落とし穴!
その為余裕がある時に、こまめに追加返済をすることが利息総額を減らす大きなポイントになってくるのです。

 

アコムで1本化出来ないケースはこんな場合、あなたは大丈夫?

 

借入れ先がいくつかあっても定収入さえあれば審査合格圏内のアコムの借換えローンですが、どんな場合は借入れNGになるのでしょうか?
いくつかのパターンに分けて紹介したいと思います。

 

5社以上の借入れがある

 

多重債務を無理やり定義付けるとしたら、3社以上の借入れ先がある場合は多重債務者と呼ばれます。
アコムの場合は何社以上の借入れ先があるとNGと明確な基準はありませんが、5社以上の借入れ先がある場合は審査通過が絶望的だと考えて問題ないでしょう。

 

5社以上の借入れ先がある場合は、アコムではなく地方の中小規模の消費者金融での1本化を視野に入れる方が現実的でしょう。

 

信用情報機関に異動情報がある

個々人の金融商品の申し込み・返済状況は、アコムでおまとめをする際に最も重要な要素の1つです。
日本にはJICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターと呼ばれる3つの信用情報機関が存在していますが、アコムの場合はJICC、CICの信用情報を照会した上で審査を行っています。
つまり過去に返済の延滞や滞納等があった場合(異動情報)、アコムでのおまとめは不可能!異動情報が消えるまでの期間は、

 

  1. @多重申し込みなどの申し込み情報は6カ月
  2. A延滞や滞納、任意整理等は最大5年
  3. B自己破産の場合は最大10年

 

と各々異なるので、まずは自身の信用情報を把握してから申し込みをしましょう。

 

アコムの利用歴がない場合

 

信用情報に多重債務、そして定収入以外にもその人の人となりや、職種が借入れローンの審査に響くことも考えられます。
しかしアコムでの1本化は利用歴がない場合、融資を渋る傾向があるようです。おまとめローンは、総量規制に縛られない大型融資です。
その為アコム利用者の中でも、返済が滞らず尚且つ定期的な利用がある優良顧客が融資対象になっていくのでしょう。

 

アコムのおまとめローンのメリットとデメリットを考察してみよう!

 

ここではアコムの借換えローンのメリット・デメリットを通して、おまとめの特徴について掘り下げていきたいと思います。

 

【メリット】

 

金利交渉に前向き

 

アコムで1本化の場合は、提示されるであろう加重平均金利−1%以上の大きな金利交渉も可能です。
おまとめの際は窓口か無人契約機に赴く必要がありますが、そこでやんわりと(決して高圧的な態度は×)金利の交渉をすることをおすすめします。

 

勿論金利交渉は運と担当者の機嫌にも左右されますが、利用歴が長く優良顧客と判断されれば、アコム側から金利の交渉打診をしてくることも!

 

即日融資も可能!

 

通常融資額が多ければ多い程審査には時間がかかりますが、アコムを含め大手消費者金融はおまとめ目的でも即日融資が可能です!
最短1時間で融資が可能な為、返済の精神的圧迫感から今すぐ逃れたい方には激しくおすすめいたします。

 

【デメリット】

 

金利が高く、限度額が低い!

 

まずアコムの借換えローンは同業者と比べても金利は高めです。
いくら金利交渉が可能だとしても、極力金利を抑えたい場合、おまとめ専用の貸金業者やネットバンクを含む銀行カードローンでのおまとめをおすすめします。
また審査時の年齢が60歳以上の場合は、最高50万円までの融資になることも覚えておきましょう。

 

・アコム利用歴がないと審査に通りにくい

 

前述の通りですがアコム利用歴があるかないかも、審査の大きな要素になってきます。
決してHPで申し込み資格として記載されている訳ではありませんが、多重申し込みを避ける為にも、アコム歴がない方は他のおまとめローンを検討する方がベターです。

 

銀行カードローンのおまとめは出来ない!

 

アコムの借換えローンのいやらしい点の1つとして、消費者金融からの借入れのみ1本化が可能ということ。
銀行で借入れしている方は、そもそもアコムのおまとめ対象外になります。
またクレジットカードのショッピング枠の借金も、勿論利用対象外!ただしキャッシング枠に関しては、貸金業法が適応される為、おまとめOKです。

 

【まとめ】アコムの1本化はアコム利用者以外は×!金利交渉で有利におまとめを

 

アコムの借換えローンは融資スピードこそ迅速ですが、限度額も低く、銀行での借入れがおまとめ対象にならない等使い勝手は決してよくはありません。
またアコム利用歴がない場合、審査がより厳格になる傾向がある為、アコム初体験が借換えローン申し込みと言う方は、他の消費者金融もしくは銀行での1本化を考えましょう。

 

ただしアコム利用者で1本化を考えている方は、金利交渉をすることで、予想外の金利減!を実現することも可能なので、アコムを利用者にはおすすめのおまとめローンだと言えるでしょう。

 

おまとめローンの評判や口コミについてはこちら

 

アコムの借換え専用ローン

  • 金利:7.7%〜18.0%
  • 限度額:300万円
  • 特徴:金利面では銀行にははるかに及ばない。しかし、おまとめローンを段階的に考えるのであれば、アコムでまとめた後に銀行での借り換えをすれば最終的に低金利でのおまとめローンが可能。

詳細はこちら

アコムのおまとめローンの特徴とメリット・デメリット

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝える事!
プロミスのおまとめローン

  • 金利:6.3%〜17.8%
  • 限度額:300万円
  • 特徴:アコム同様、銀行の金利には及ばないが、段階を踏んだおまとめローンを考えれば、審査不安がある方はプロミスからおまとめローンを始めるのも一つの手段です。

詳細はこちら

アコムのおまとめローンの特徴とメリット・デメリット

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝える事!