完済に一番近いのは返済専用のおまとめローン!やっぱり消費者金融がおすすめ?

返済専用のおまとめローンって何?銀行カードローンとの違いは?

 

おまとめローンは複数の借入を一本化することで毎月の返済日の管理を楽にしたり、金利の負担を減らすことができるローンです。
消費者金融や銀行などで申し込むことができますが、おまとめローンには2つのタイプがあり、どの金融機関でも商品内容が同じというわけではないので申し込みの際には金利以外の商品内容もしっかりチェックする必要があります。

 

一つ目のタイプは、消費者金融や東京スター銀行で取り扱われている返済専用のおまとめローンです。
返済専用のおまとめローンは、今抱えている債務の分だけを借入して、後はひたすら返済をしていくタイプのローンです。
フリーローンと思われがちですが、債務を一本化して返済することを目的とした目的型ローンの一種です。
その名の通り返済しかできず、追加での借入ができないのが大きな特徴です。
通常、消費者金融の融資は年収の3分の1以上は借入ができないという総量規制の対象です。
しかし、返済専用のおまとめローンについてはこの総量規制の対象ではないため、総量規制オーバーの方でも借入をすることができます。

 

そして二つ目が、銀行カードローンなどの資金使途が自由のローンを他社の借り換え資金として借りるパターンです。
銀行カードローンは、事業用途以外であれば使い道が自由のフリーローンなのでおまとめ目的としても利用することができます。
一本化するための借入資金としてローンを申込みし、無事に審査に通ったらその借入金で他の債務を返済します。
返済専用のおまとめローンとの一番の違いは、おまとめ後も新たな借入ができることです。
審査によって決められた利用限度額範囲内であれば、自分の裁量次第でいつでも借入や返済を繰り返すことができますし、他の金融機関でも借入は可能です。

 

返済専用おまとめローンは完済への近道。そのメリットとデメリット

 

返済専用のおまとめローンは銀行カードローンのように好きな時に借入を繰り返すということはできません。
一度契約をしたらひたすら返済をしていくのみで、完済するまで新たな借入は禁止されています。

 

万が一、完済していない内に他の業者への借入申込が判明した場合、おまとめローンを利用している金融機関から残額の一括返済を請求される可能性もあります。
他の業者への借入申込なんてバレないのでは…?と安易に考えてしまうのは危険です。借入申込は信用情報機関に履歴が残るため、申込みをしたという事実は分かってしまいます。

 

返済専用のおまとめローンは自由に追加での借り入れ、返済はできないので、今までお金が足りなくなった時にはカードローンに助けられていたという人にとっては不安材料にもなります。
もしものための資金調達手段を絶たれるというデメリットはありますが、裏を返せば返済専用のおまとめローンは完済への一番の近道です。
契約をしたら当初の計画通りに返済をコツコツと進めていくだけなので、借入返済だけに集中することができます。

 

消費者金融のおまとめローンって大丈夫?銀行カードローンの方が返しやすいの?

 

消費者金融は金利が高いイメージが強く、おまとめローンを利用するのは不安という方も少なくありません。
しかし、総量規制の対象外となるおまとめローンは、しばしば「顧客に一方的に有利になる借り換え」とも表現されるローンでもあり、貸金業法施行規則第10条23の1項にもその条件がしっかりと明記されています。
分かりやすく要約すると以下のような内容が盛り込まれています。

 

  • 新たに貸し出すおまとめローンの返済金額は、これまでよりも重くならないこと。
  • 担保、保証人は新たに要求しないこと。もし、担保、保証人を付ける場合は借り手に不利にならないように。
  • おまとめローンの金利は以前の金利より高くなってはいけない。複数社から借入をしている場合は、その平均金利で。
  • ちゃんと借金が徐々に減っていくように返済させること。

 

このように、膨れ上がった債務を抱える人を救済できるように借り手が不利にならないような条件が法律でも明文化されており、消費者金融だからといって過剰に心配する必要はありません。

 

また、消費者金融よりも低金利の銀行カードローンの方が返済しやすいのでないかと考える方もいますが、そこには意外な落とし穴もあります。
確かに銀行カードローンは、金利の面で見ると消費者金融のおまとめローンよりも有利です。一本にまとめるのであれば、金利負担を少しでも軽くし、支払利息を減らす方が有利でしょう。
しかし、近年、銀行カードローンを使って一本化をしたにも関わらず、逆に債務が増えてしまうというケースが多発しているのが問題になっています。
前項でも説明した通り、銀行カードローンはおまとめした後も限度額の範囲内であれば追加で借入ができるのが特徴です。
万が一の場合に備えておけるというメリットもありますが、いつでも借入ができるという状況に安心して、借入を繰り返してしまう可能性もあります。
また、銀行カードローンへ債務を一本化して他の借入を完済すると、再び消費者金融などの他の金融機関から借入ができる枠が空いてしまいます。
返済専用のおまとめローンとは違い、使い道が自由な銀行カードローンは他でも借入をしてはいけないという決まりもありません。
総量規制に引っかかる年収の3分の1までは消費者金融でも借入をすることができるので、軽い気持ちで再び消費者金融を使い始めてしまうと、以前よりも更に債務が増えてしまうという結果を招いてしまいます。
銀行カードローンでおまとめをするのであれば、これ以上の追加借入をすることなく必ず今の債務を完済するという強い意思が必要です。

 

【まとめ】債務を完済するなら返済専用おまとめローンで計画的な返済が必要!

 

おまとめローンで債務を一本化して返済していこう!と決意をしても、多重債務の状態まで陥ってしまった人はそれまでの習慣を急に切り替えることは容易ではありません。
少し借りるだけならすぐに返済できるし大丈夫だろうと、手持ちのお金が足りなくなったら再び借入を繰り返してしまう人も少なくありません。
このような方に是非利用してほしいのが、返済専用のおまとめローンです。
銀行カードローンのようにおまとめ後もいつでも借入ができるという誘惑もないので、これ以上債務が膨れ上がるという心配もありません。
銀行カードローンの方が金利が低いというメリットもありますが、借入を増やしてしまうようでは本末転倒です。
本当に完済をして一からやり直したいのであれば、返済専用のおまとめローンで自分に厳しくするという気持ちも必要です。
返済専用のおまとめローンであれば、他の業者からも追加の借入はできない状況を作り出すことができ、完済に向けて計画的に返済を進めていくことができます。

 

返済専用なら消費者金融のおまとめローン

アコムの借換え専用ローン

  • 金利:7.7%〜18.0%
  • 限度額:300万円
  • 特徴:金利面では銀行にははるかに及ばない。しかし、おまとめローンを段階的に考えるのであれば、アコムでまとめた後に銀行での借り換えをすれば最終的に低金利でのおまとめローンが可能。

詳細はこちら

完済に一番近いのは返済専用のおまとめローン!やっぱり消費者金融がおすすめ?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝える事!

プロミスのおまとめローン

  • 金利:6.3%〜17.8%
  • 限度額:300万円
  • 特徴:アコム同様、銀行の金利には及ばないが、段階を踏んだおまとめローンを考えれば、審査不安がある方はプロミスからおまとめローンを始めるのも一つの手段です。

詳細はこちら

完済に一番近いのは返済専用のおまとめローン!やっぱり消費者金融がおすすめ?

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝える事!