派遣社員はおまとめローンを利用することはできるのか

複数の借金を一つにまとめることで金利を下げることを目的とするのがおまとめローンですが、これは基本的な部分は通常の融資とそこまで変わりません。
通常の融資と同じように審査などがあるので、審査に落ちてしまう可能性はありますが逆に言えば申し込みをして審査に通れば派遣社員であっても特に問題なく利用することができます。

 

申し込み自体が難しい職業としては収入がそもそも無い専業主婦や学生などですが、おまとめローンは原則的に「一度は融資を受けたことがある」人が利用するものですから、前回融資を受けて以降失職し無職になったなどでなければ申込みが可能と判断して問題ありません。

 

ただし審査に落ちてしまう可能性はあります。おまとめローンは複数の融資を一つの低金利のローンでまとめるという事を目的としますから、借入額は高額になりますし金利が低い分審査も厳しくなります。
なので前回は派遣社員でも問題なく借りられたが今回は審査の結果オチてしまうと言う可能性があるのです。

 

しかしこれは実際に申し込み審査をした上での話であり、派遣社員だから利用することはできないと言うことではありません。
なのでまずはおまとめローンに申し込んでみることをおすすめします。

 

派遣社員の場合、キャッシングの在籍確認はどのようにして行われるのか?

キャッシングは、お金に苦しいときに、銀行や消費者金融からお金を借り受けることができるというものですが、派遣社員の場合、在籍確認はどのようにして行われるのでしょうか。
派遣社員の場合の在籍確認について確認してみましょう。

 

【まず在籍確認が必要なのか?】
在籍確認は、キャッシング審査の最終段階で行われるものと言われています。
在籍確認をすることで申込者が虚偽の申告をしていないかを確認し、キャッシングの可不可を判断しています。

 

【どのように在籍確認が行われるのか?】
在籍確認の方法ですが、基本的には電話で行われます。
ただし、銀行名や商品者金融会社名で電話することはなく、あくまでも個人名を用いて申込者の在籍確認を行いますので、キャッシングの申し込みが会社にバレることはまずありません。

 

つぎに派遣社員の場合は、派遣先(実際の仕事場)ではなく、派遣元に電話確認が入ります。
派遣社員の場合、仕事自体は派遣先で行っていますが、雇用者は派遣元である派遣会社であるです。

 

また、在籍確認の方法は電話だけでなく、書類でも可能としている会社もあります。
その場合の提出書類は、会社名が記載された健康保険証や会社名が入った直近の給与明細などが該当します。
詳細は各社によって異なるため、各社に問い合わせてください。