クレジットカードのリボ払いをおまとめローンで返済する方法

クレジットカードのショッピングとキャッシングの違い

普段の買い物から公共料金などの支払いまで、様々な場面で利用できるクレジットカードは私たちの生活に欠かせないものとなっています。
しかし、クレジットカードは簡単に使える反面、詳しい内容までは知らないという方も意外と多くいます。

 

クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能の2通りの使い方があります。ショッピング機能は、買い物等をした購入代金やサービスの利用料金を現金を払わずに後払いにする方法です。
キャッシングはATMなどからカードを使って現金を借りることができる機能です。
買い物以外の生活費などの支払いにも使うことができます。

 

ショッピング枠とキャッシング枠は審査によって利用限度額がそれぞれ定められています。
これらは別々に設定されているのではなく、ショッピング枠の中にキャッシング枠が設定されているのが一般的です。
例を挙げてみると、ショッピング枠60万円、キャッシング枠20万円が別々に設定されて利用限度額が70万円になるというわけではなく、ショッピング枠60万円のうち20万円分まではキャッシングでお金を借りることにも使えるということです。
もし、クレジットカードで50万円分の買い物をした場合は、キャッシングは10万円までしかできなくなるという仕組みです。

 

キャッシング機能は必ず付加されるものではなく、クレジットカードの申し込みの際に希望しなければ利用することはできません。
申し込み時に審査はありますが、キャッシング機能が付加されたカードは、お金を借りる際にその都度審査なしで現金を借りることができるので、少し手持ちのお金が足りなくなった時や海外で現地通貨をキャッシングしたい時など、いざという時に備えておける便利な機能です。

 

使い方には十分注意しよう!リボ払いの危険性

クレジットカードを使う上で注意しなければならないことの一つが毎月少額ずつの固定額での返済をしていくリボ払いです。
ショッピングとキャッシングのどちらの場合でもリボ払いは利用できます。
月々の返済額の負担が少なく魅力的なサービスのように見えますが、使い方に気をつけておかなければいつまで経っても返済が終わらないという落とし穴にはまってしまいます。

 

例えば、5万円の買い物をしても翌月に一括で支払うことはできないので、リボ払いで月々5千円ずつ返していくとします。
クレジットカードを使ったショッピングがこれ以降になければ未返済額は毎月少しずつ減っていくので大きな問題はありませんが、その後も買い物を続けていくと、どんどん未返済額が積み上がってしまいます。
利用限度額の範囲内なら次々と買い物ができてしまい、リボ払いなら月々の返済も少ないので使っているという意識が薄くなり、気がついた時には利用額が驚くほど膨れ上がっていたという場合もあります。

 

また、クレジットカードのリボ払いは利用すると金利手数料がかかります。
一般的には、ショッピング年15.0%、キャッシング年18.0%前後という高い金利が設定されています。
リボ払いで返済が長期化すると、その分高い利息がどんどん付加されて借金が更に膨れ上がってしまうということを覚えておきましょう。

 

リボ払いにもおまとめ専用ローンは使えるの?

リボ払いは少額ずつの支払いができるというのがメリットではありますが、返済を先送りにしているだけなので使い続けると利用額も膨れ上がり、いつかは返済が苦しくなります。
その返済に充当するお金が足りないからといって別のクレジットカードのキャッシング枠を使って借りてしまうと、その分も返済が増えることになるので更に深い落とし穴にはまってしまいます。
このような状況に陥ってしまうと毎月複数の返済に追われる自転車操業状態に悩まされてしまいますが、それを解消できるのが借入を一本化して返済日を一つにまとめる方法です。
リボ払いをまとめるためにおまとめ専用ローンを希望する方も多いですが、このローンでクレジットカードの利用分の全てをまとめることができるというわけではありません。

 

おまとめ専用ローンではクレジットカードのキャッシング枠での借金は一本化することができますが、ショッピング枠で利用したリボ払いや分割払いはまとめることができません。
おまとめローンは借りているお金をまとめるためのローンです。
クレジットカードを使ったショッピングはお金を借りて支払っているわけではなく、あくまでも代金支払いを後払いにしているだけなのでこのローンの対象にはなりません。
もし複数のカードでキャッシングを利用しているのであれば、おまとめローンへの申込みを検討するべきです。
キャッシングは利率も高いので、金利の低いおまとめローンにまとめることができれば金利負担も減り、支払いも楽になります。

 

ショッピング枠をまとめる方法

ショッピングでのリボ払いがたくさんあるのにおまとめローンが使えないとなると今後の返済が困るという方もいるでしょう。
しかし、おまとめ専用ローン以外の方法を使えばショッピングリボも一つにまとめることはできるので安心して下さい。

 

ショッピングリボをまとめるには、おまとめ専用ローンではなく使い道が自由なカードローンをおまとめローンとして使いましょう。
クレジットカードの利用残高分の借入申込みをし、無事に審査に通過して借入ができたら、そのお金でクレジットカードの残債を一括返済して後は一本化した方のローンを返済していくだけです。

 

銀行にも消費者金融にも資金使途の自由なカードローンはあります。
銀行の方が審査が厳しいですが金利は低いので、安定した収入がある方はまずは銀行での申込みを検討すると良いでしょう。

 

【まとめ】リボ払いは一本化して上手に返していこう

テレビやインターネットを見ていると、ショッピングをしたらリボ払いをしようというキャンペーンや広告をよく目にします。
このような広告を見ていると、月々の返済負担も少なく抑えることができ、誰でも気軽に使える印象を受けますが、使い方を気を付けなければあっという間に未返済額が積み上がってしまいます。
更に、利用限度額いっぱいまで使うと別のカードに手を出して同じように使ってしまうという負の連鎖も始まります。

 

一度膨れ上がってしまったリボ払いの残債は、少しずつ返済していっても元の状態に戻すことは簡単ではありません。
ショッピングもキャッシングも金利が高いので、一生懸命返済をしても利息分にしかならない場合もあります。

 

リボ払いが複数ある方は返済が長期化して手がつけられなくなる前に、早めにおまとめローンやカードローンを利用して残債を一本化し、着実に返済していくようにしましょう。
クレジットカードよりも金利の低いローンにまとめることができれば、金利の負担も減る上に自転車操業状態も解消することができ一石二鳥です。

 

リボ払いも一本か可能な銀行カードローン

楽天銀行スーパーローン

クレジットカードのリボ払いをおまとめローンで返済する方法

  • 金利:1.9%〜14.5%
  • 限度額:800万円
  • 特徴:楽天市場でお馴染みの楽天グループの銀行カードローン。
月別返済金額一覧表(借入額:月々返済額)
100万円:2万円 200万円:3.5万円 300万円:4万円 400万円:5万 500万円:6万円

詳細はこちら

クレジットカードのリボ払いをおまとめローンで返済する方法

三井住友銀行のカードローン

クレジットカードのリボ払いをおまとめローンで返済する方法

  • 金利:4.0%〜14.5%
  • 限度額:800万円
  • 特徴:メガバンクでありTVCMでもおなじみで知名度、安心感ともに抜群!おまとめにも積極融資!
月別返済金額一覧表(借入額:月々返済額)
100万円:1.5万円 200万円:2.5万円 300万円:3.5万円 400万円:4.5万円
500万円:5.5万円 600万円:6万円 700万円:6.5万円 800万円:7万円

詳細はこちら

クレジットカードのリボ払いをおまとめローンで返済する方法