5社の多重債務でおまとめローンを成功させるための道標

2件、3件と借入先が増えていく話はよくありますが、さすがに借入先が5件にもなると債務整理が頭をよぎります。

 

しかし、債務整理だけは避けたいという強い気持ちがあれば条件次第で完済も夢ではありません。
そこで、5件の借り入れをどう克服できるかについて考えてみましょう。

 

おまとめローンの評判や口コミについて

 

5社からの借り入れをおまとめローンで一本化できるのか?

 

カードローンの基本は借入残高を絶対に増やさないことです。

 

しかし、自分のキャッシュカードからお金をおろすような手軽さで借り入れができる便利さに慣れてしまうと金銭に対する感覚が麻痺してしまいがちです。

 

カードローンの正しい使い方や危険性をしっかり理解していれば、一旦お金を借り入れた後は返済に集中するべきだと心にブレーキをかけられます。
しかし、ここでブレーキを上手くかけられないと、安易に利用限度額いっぱいまで借り入れするようになってしまいます。

 

たとえ利用限度額いっぱいまでお金を借りたとしても、まだこの段階なら計画を立てることで充分余裕を持って返済できるはずなのですが、ここで更に利用枠を求めて他のカードローンを探すようになると、借入先が4件、5件の多重債務に陥ってしまうのも時間の問題です。

 

もし、5件もの借り入れを抱えていても今のままなら返済は何とか続けて行けそうだ、また、これ以上金額が増えてしまったら返済はかなり厳しいけれども今はまだ返済できている、という状況であれば早急に状況を好転させるために返済計画を立て直しましょう。

 

このような場合、複数の借り入れを上手におまとめローンで一本化すれば金利が下がり、返済総額を大幅に減らすことができます。
しかし、一般的におまとめローンの審査に通過可能な借入限件数の上限は3件程度であるといわれており、借入件数が多くなるほど、おまとめローンの審査には通過しにくくなります。

 

5件の借り入れを全ておまとめローンで一本化しようとすれば審査に落ちてしまう確率が高くなりますので、まず慌てずに全ての借入の詳細を把握するところから始めましょう。

 

 

同時借入している5社分の借り入れ状況を徹底的にチェックしよう!

 

5件もの借り入れを完済するにはかなりの根気を必要としますが、粘り強く努力し続ければ必ず完済できます。

 

しかし、そのためにはこれまでに返済の遅延や未納がないことが大きな前提となります。

 

通常、2ヶ月から3ヶ月以上の支払いの遅延をすると個人信用情報に事故情報として登録されてしまいます。
いわゆる「ブラックリストに載る」という状態です。

 

また、1日や2日といったわずかな返済の遅れを信用情報機関に報告するかどうかは各金融機関の裁量に委ねられていますが、その情報が金融機関から個人信用情報機関に送られた場合でも2年間程度は情報機関に登録されてしまいます。

 

事故情報が個人信用情報に登録されてしまえば、おまとめローンを利用することはまず不可能でしょうし、たとえわずかな返済の遅れでも個人信用情報に登録されていれば、その事実はおまとめローンの審査に影響を与えるでしょう。

 

普段から返済をキチンとしておけば、自力で多重債務から抜け出すチャンスだってつかめるのです。

 

遅延や未納がないことを確認したら、5件全ての借り入れの状況をしっかりチェックしましょう。
借入残高、金利、返済日、返済金額、完済予定日などを調べて一覧にしてみるのです。

 

この5件の借り入れを、

  • おまとめローンでまとめる借り入れ
  • おまとめローンにまとめず、そのまま返済を継続していく借り入れ

のどちらかに借入残高に応じて分けていきます。

 

これまでの返済履歴に何も問題がなければ、借入件数が多くてもおまとめローンで一本にまとめられる場合もありますが、おまとめローンの審査に通過する確率を高めるためにもうひと工夫しましょう。

 

 

優先順位は?5社のうちの一部をおまとめローンでまとめるには!

 

しかし、5件の借り入れをどの様な基準で振り分ければよいのでしょうか?

 

おまとめローンにまとめず、そのまま返済を継続していく借り入れのグループには、できれば借入残高が小さいものを割り当てておく方がよいでしょう。
それは、借入残高が小さければそれだけ完済も近いからです。
多重債務という状況の中でたとえ1件でも借り入れが減れば、返済全体にとても良い影響
を及ぼします。

 

また、審査の通りやすさという点から考えれば、消費者金融のおまとめローンを利用する方が得策なのですが、消費者金融のおまとめローンは銀行のカードローンをまとめることができません。
ですから、消費者金融からの借り入れは、おまとめローンでまとめるグループに割り振っておく方がよいでしょう。

 

まず、おまとめローンにまとめない借り入れのグループの中で、借入残高が一番小さなものから繰り上げ返済をしていきます。
他の借入の返済を滞らせることがない様に注意しながら、ほんの少額でも上乗せして返済を繰り返し、完済を目指します。

 

繰り上げ返済や随時返済はその全額が元金の返済に充てられますので、ボーナスや臨時収入などを繰り上げ返済等に利用すればかなり効率よく返済できるはずです。

 

1件借り入れが減れば、その分の返済金額を別の借り入れの返済に充てられますし、たとえ小さな金額であっても完済できたという自信は今後の返済に弾みをつけてくれます。
まずは1件完済するところからスタートさせましょう。

 

借入が1件減れば、おまとめローンの利用もより現実的なものになってきます。

 

 

一部でも一本化できれば出口が見えてくる!次の段階をめざせ

 

1件借り入れが減ったなら、その次に借入残高の小さいものも同じようにして集中的に返済しましょう。
完済した1件の返済金額分を繰り上げ返済に充てることで、これまでよりもうんと早く借入残高が減っていくはずです。

 

そうして2件目を完済できる頃、残りの借り入れが3件に減るタイミングで、いよいよおまとめローンに申し込みをします。
借入件数が減ったことや、繰り上げ返済などを利用してキチンと完済したという実績は信用面ではローン審査に有利に働くと思われます。

 

おまとめローンで残りの3件をまとめられた場合、一本化された借り入れはこれまでよりずっと大きな金額になりますが、ほとんどの場合、月々の返済金額は元の3件分の返済金額と比べてこれまでより大幅に低くなります。

 

実は、これがおまとめローンのメリットであり、デメリットでもあるのです。
返済の苦しさを解消するためにおまとめローンを利用するはずなのに、月々の返済金額が借入金額に対してあまりに小さく設定されているため、額面通りに返済を続けると逆に返済期間と利息が大きくなってしまいます。

 

ですから、おまとめローンを利用することが決まったら、これまで以上にこまめに金利計算をすることを心掛けてください。
今までと同じように常に利息を抑えることを意識し、これまでと変わらない金額で返済を続け、わずかな金額でも随時返済することを意識しましょう。

 

また、比較的審査に通過しやすい消費者金融のおまとめローンであっても、必ず3件全ての借り入れをまとめられるとは限りませんし、場合によってはおまとめローンの審査自体に通過しないことだってあります。

 

しかし、一部でも一本化できれば完済への出口が見えてきます。
上手く一本にまとめることができなくてもこれまでと同じ方法で借り入れを減らしていきましょう。

 

最終目標は銀行への借り換え!そのために心掛けるべき事は?

 

おまとめローンでまとめるところまで来られれば、ほぼ完済に手が届いたようなものですが、せっかくですからあともう一つ目標を設定してみませんか?
それは銀行カードローンへの借り換えです。

 

最終的に借り入れがおまとめローンだけになれば、最終目標である銀行への借り換えを考えてみてもよいでしょう。

 

ただし、借り換えローンを含め、銀行のカードローンは消費者金融と比較して審査も厳しいです。
中途半端に申し込みをしても審査に通過できないこともありますので、自分の属性や信用度をよく分析して商品を選んでください。

 

借り換えによって金利が下がれば、利息を節約してより完済時期を早めることもできますが、申し込みは慎重に行いましょう。

 

債務整理をせずに5件のカードローンを完済するには、粘り強い強固な意志を持ち続けなければなりません。
5件の借り入れを完済する大変さを知れば、二度と安易な気持ちで借金をする気にはならないでしょう。

 

カードローンの基本は借入残高を絶対に増やさないことです。
一旦借り入れをしたら完済するまで次の借り入れはしない、これがカードローンを安全に利用する方法です。