おまとめローンは無担保で保証人なし?保証会社ってどんなもの?

カードローンやおまとめローンは無担保で保証人も要らない、ということは多くの人が知っています。
しかし無担保・無保証人で利用できると謳われているおまとめローンでも、実は保証会社の保証を受けているかもしれないということはどのくらいの方が理解しているでしょうか?
保証会社のしくみや役割などはおまとめローンを利用する際にはぜひ知っておきたいものです。
今回は無担保・無保証人でおまとめローンを利用できる理由やしくみについてリサーチしてみました。

 

担保って何?保証人とはどんな人?

 

お金を借りたら必ず返済をしなければなりません。
しかしお金を借りた当初は予定通りに返済できるつもりでいても、最後まで必ずきちんと返済できるかどうかは完済するまで誰にも分かりません。
貸したお金がきちんと返済されないかもしれない、というリスクを金融機関はどのように回避しているのでしょうか?

 

例えば住宅ローンを例に挙げてみましょう。
融資金額は何千万円にもなり、面識もない一般の人に対する融資は金融機関にとって非常に大きなリスクとなります。
そこで金融機関は貸し倒れのリスクを回避するために、住宅ローンの利用者に借金の穴埋めができるだけの価値のあるものを提出するように要求します。

 

万一お金を借りた人がお金を返済できない状況に陥った場合には、お金の借主(債務者)が所持している特定の財産を金融機関(債権者)に差し出し、その財産で借金(債務)を返済するとしたのが担保の考え方です。
住宅ローンの場合なら、その住宅を担保にするのが普通です。
各種ローンを利用する時に担保として設定されるのは土地などの不動産であることが多いですが、有価証券などを担保とする場合もあります。

 

また保証人とは債務者がお金を返済できない時に、代わってお金を返済する義務を負う人を指します。
もちろん、債務者や金融機関が勝手に第三者を保証人とすることはできず、第三者が保証契約書に署名を・捺印する必要があります。
そして署名・捺印をしてしまうと、債務者が借金の支払いできない状態になった時には、保証人が債務を弁済する義務が生じます。

 

友人や親戚から保証人になってくれと頼まれると断りづらいものですが、忘れてはいけないのは保証人になるための契約は友人や親戚と結ぶのではなく、債権者と結ぶことになるという点です。
保証人になる前に「絶対に迷惑をかけないから」と言われていたとしても、そうしたことは債権者にも契約にも全く関係ありません。
債務者が債権者との契約を履行できなければ保証人が債務者の代わりに契約を履行しなければなりません。

 

保証人になるということは大変にリスクが高いです。
それだけのリスクを全て無条件に引き受けられるか、また相手に対する信頼に揺るぎがないかをよく考慮して保証人になるかどうかを決定しなければなりません。

 

おまとめローンを無担保・無保証人で利用できるのはどうして?

 

不動産などを担保にすると、土地の査定や抵当権の設定などさまざまな煩雑な手続きが必要になります。
おまとめローンに担保設定をしてしまうと、おまとめローンの大きな利点であるスピード感のある対応は非常に難しいものになってしまうでしょう。

 

そうした事情からカードローンやおまとめローンは、無担保・保証人なしで利用できるようになっています。
有担保ローンと比べて借入限度額を低く設定したり、保証会社に保証をしてもらったりすることで金融機関は貸し倒れのリスクを回避しています。
おまとめローンの申込者から担保や保証人を取るよりも、保証会社に保証を頼んだ方が融資までにかかる時間が短くて済み、多くの利用者のニーズに応えることもでき、利用者と金融機関の双方にメリットがあるからだともいえます。

 

おまとめローンの利用者がもし返済できなくなってしまった場合には、保証会社がおまとめローンの利用者の代わりに金融機関に借入残高を一括返済してくれます。
しかし、保証会社が代わりに金融機関に返済をしてくれたからといって借金がなくなってしまうわけではありません。
保証会社は金融機関に一括返済した金額の弁済を今度はローンの利用者に請求してきます。つまり保証会社はおまとめローンの利用者に代わって金融機関への支払いは済ませてくれますが、おまとめローンの利用者には保証会社に返済をして行く義務が残るということです。

 

知っておきたい!保証会社のしくみと役割

 

もしあなたがおまとめローンの返済ができなくなってしまえば、保証会社があなたの代わりに金融機関に返済をします。
おまとめローンの返済は滞納して一定期間以上経過すると保証会社が金融機関に対して返済をし、その後あなたは保証会社が立て替え払いしてくれた分のお金を保証会社に支払うことになります。

 

この場合、保証会社はあなたが返済できなかった一か月分の返済額のみを金融機関に支払うのではなく、あなたの借入残高の全て、発生する利息、その他の必要経費の全てを金融機関に対して一括で返済します。
金融機関に対するあなたの一切の債務を弁済するのと引き換えに、保証会社は金融機関があなたに対して持っていた一切の債権を引き受けることになります。

 

このように保証会社が金融機関に一括返済することによって、あなたに対するすべての権利を引き受けることを「代位弁済」といいます。

 

保証会社が代位弁済したことによってあなたの返済義務がなくなるわけではありません。
代位弁済が行われた後、金融機関はすべての権利を保証会社に譲り渡します。あなたの立場から見てみると、これまでは金融機関に対して返済義務を負っていましたが、代位弁済後は保証会社に対して返済義務を負うこととなります。
つまり返済相手が金融機関から保証会社に変わっただけだということになります。

 

また、保証会社が代位弁済して債権が保証会社に移された場合は通常分割払いはできず、保証会社会の一括返済を求められます。
そして代位弁済が行われるとその事実は事故情報として信用情報機関に記載され、今後の借り入れに大きな影響を及ぼしてしまいます。

 

おまとめローンの審査と保証の関係

 

おまとめローンに申し込みをする場合は、金融機関だけでなく保証会社の審査にも通過する必要があります。
おまとめローンに申し込みをする人はこれまでに複数のカードローン業者からの借入実績があります。
保証会社ではそれぞれカードローンの利用者の記録が残っていますから、これまでにカードローンの返済が長期的に滞ったり債務整理をしたりしたという過去があればその保証会社にはその記録がずっと残ることになります。

 

個人信用情報に記載される事故情報は5年以上経過すれば削除されますが、各保証会社に残された情報は自社のデータとして残り続けます。

 

おまとめローンの申し込みをする人が以前に金融事故を起こしたことがあるとします。
おまとめローンの保証会社がもし金融事故を起こした時の保証会社と同じであったとすれば、その保証会社にはおまとめローンの申込者の事故情報が残っているはずです。
そうなれば事故を起こした過去があるという理由でおまとめローンの審査に落ちてしまう可能性は充分にあります。

 

もし過去にローンの返済で問題を起こしたことがあるのなら、おまとめローンを選ぶ際にはその時と同じ会社が保証を行っていない商品を選ぶ方がよいでしょう。
または、これまでにしっかりとした利用実績がある金融機関の商品を選ぶとよいでしょう。このように、おまとめローンなどを利用する際には信用情報機関に記載されている情報だけではなく、各保証会社に残されている情報についても考慮する必要があるといえます。

 

銀行と消費者金融における保証の違い

 

おまとめローンには消費者金融のおまとめローンと銀行のおまとめローンがあります。
しかし保証会社を設定しているのは銀行のおまとめローンだけです。
そして銀行のおまとめローンの保証会社を引き受けているのは主に消費者金融や信販会社となっています。
これはなぜなのでしょうか?

 

消費者金融は事業内容が貸付業務に特化されており、何十年もかけてきちんと返済をしてくれる利用者を判別するノウハウを蓄積してきました。
一方銀行はカードローン業界に参入してからまだ日が浅く、消費者金融ほど無担保・無保証人の融資に対するノウハウを持ち合わせていません。
無担保・無保証人の個別ローンに関するノウハウを一から蓄積していくより、保証料を支払ってその分野に長けている消費者金融に業務を委託した方が早いと考えるのは自然な成り行きでしょう。

 

消費者金融のおまとめローンの保証会社は消費者金融自身ですから、消費者金融の審査に通過すればおまとめローンを利用することができます。
しかし銀行のおまとめローンの場合は、金融機関の審査と保証会社の審査の双方に通過する必要があります。
審査基準が比較的ゆるやかだと言われる消費者金融(保証会社)の審査に通過しても、銀行の審査に通過しなければおまとめローンを利用することができないケースも当然出てくるでしょう。

 

保証会社は普段表舞台に出てくることはほとんどありませんが、銀行にとって非常に重要な役割を担っており、おまとめローンの利用者にとっても深い関わりがあります。
おまとめローンを利用する時には商品の内容だけではなく、どんな会社が保証してくれるのかをよく検討する必要があります。

 

おまとめローンの口コミや評判が気になるならここ

 

おまとめローンならこの銀行カードローンがおすすめ

楽天銀行スーパーローン

おまとめローンは無担保で保証人なし?保証会社ってどんなもの?

  • 金利:1.9%〜14.5%
  • 限度額:800万円
  • 特徴:楽天市場でお馴染みの楽天グループの銀行カードローン。
月別返済金額一覧表(借入額:月々返済額)
100万円:2万円 200万円:3.5万円 300万円:4万円 400万円:5万 500万円:6万円

詳細はこちら

おまとめローンは無担保で保証人なし?保証会社ってどんなもの?

三井住友銀行のカードローン

おまとめローンは無担保で保証人なし?保証会社ってどんなもの?

  • 金利:4.0%〜14.5%
  • 限度額:800万円
  • 特徴:メガバンクでありTVCMでもおなじみで知名度、安心感ともに抜群!おまとめにも積極融資!
月別返済金額一覧表(借入額:月々返済額)
100万円:1.5万円 200万円:2.5万円 300万円:3.5万円 400万円:4.5万円
500万円:5.5万円 600万円:6万円 700万円:6.5万円 800万円:7万円

詳細はこちら

おまとめローンは無担保で保証人なし?保証会社ってどんなもの?

おまとめローンは保証人が要求されるの?

数万円から数十万円程度のお金を金融業者から借り入れする場合、担保なし、保証人なしで融資を受けることができます。金融業者側の融資のリスクも低く、利用者にある程度の収入があれば、大丈夫だろうと考えられるからです。そのため消費者金融などでは申込をしたその日に借り入れできる即日融資が当たり前となっています。

 

しかし複数の金融業者から借り入れしている場合、借入先を一つにするおまとめローンを利用する場合は話が変わってきます。この場合一般のキャッシングに比べると融資額が高額になるからです。例えば3社の消費者金融から50万円ずつ借り入れしている場合、おまとめローンを利用して借金の一本化をはかると一つの消費者金融から150万円の借り入れをしたことになります。数百万円単位に上るとそれほど低い額とは言えなくなるので、業者から保証人を用意することを要求されるようにも思えます。

 

しかしおまとめローンを利用する場合も一般のキャッシングと同じように保証人なしで融資を受けられます。業者側は融資額をしっかり返済できるかを審査で判断すれば保証人がいなくても大丈夫だからです。そのためおまとめローンを利用する場合でも一人で手続きできるので安心です。

 

おまとめローンに通ったら新たな借入を絶対にしない

クレジットカードの分割払いやリボ払い、キャッシングローン等をおまとめローンで一本化しようと検討されている方にアドバイスをお送りします。それはおまとめローンで月々の返済額が減って余裕が生まれたとしても、新たな借入を絶対にしない事です。

 

通常のカードローンの金利は19.2パーセントで返済期間は3年が多いのですが、銀行のおまとめローンになると金利が9.5パーセント位になり返済期間は7年と長期の返済が可能となります。

 

例えば、200万円を3年19.2パーセントで借りた場合と7年、9.5パーセントで借りた場合を計算すると、月々の支払いは前者が7.35万円に対し、後者は3.26万円になります。(因みに支払い総額は前者が264.6万円に対し後者は271万円と後者の方が多くなります。)この月々浮いた4万円で心に隙ができ新たにキャッシングローンを借りたり、ローン審査に通った自分へのご褒美と言って分割払いで高価なスーツとかバックを買ったりしてしまうのです。

 

この油断はお金を返す上ではご法度です。おまとめローンは生活を立て直す為の物なんですから、審査が通った後はクレジットカードは使わない(使っても1回払いで払える範囲)、新たなローンなんてもっての外でお金を貯めて纏まったお金が貯まったら繰上げ返済をしていく気持ちで返済にのぞみましょう。

 

銀行のおまとめローンで上手に担保を利用する方法とは

銀行のおまとめローンを利用する際には、通常は担保なしでお金を借り入れすることができます。そのため複数の会社のローンを抱えて毎月の返済に困っている場合には、気軽に1つに整理できて助かります。消費者金融でも担保なしでおまとめローンを利用することは可能です。ただ消費者金融と銀行のおまとめローンを比較した場合には、利用限度額にかなりの差があります。消費者金融の限度額が300万円から500万円なのに対して、銀行の限度額は800万円から1000万円になります。担保なしでこれだけの高額融資が受けられるのは、多重債務を抱えて苦労している場合には本当に助かります。

 

でもより高額のローンを複数抱えている場合にはどうなるでしょうか。人によっては負債総額が1000万円を超える場合もあります。そうなると限度額1000万円では間に合いません。こういう場合には、銀行の不動産担保ローンを活用する方法があります。自宅の家や土地などの不動産を担保にすれば、より高額のローンを低金利で利用できます。銀行の不動産担保ローンの利用限度額は銀行によって違いますが、一般的には1億円程度の融資が見込めます。しかも銀行によっては最高で限度額10億円という高額融資が可能となるケースもあります。担保を上手に活用すれば、億単位のおまとめローンを利用することもできるのです。

 

低金利のみずほおまとめローンを利用して、金利を安くすます

様々な金融機関からカードローンを組むと、月々の返済が複雑になったり、トータルで見ると金利が高くつきます。それをおまとめローンとして返済先を一社に統一することで金利が下がって、月々の返済がその分楽になることがあります。
そのため、低金利の金融機関を選べば、それだけ返済が楽です。

 

みずほ銀行は、メガバンクの中でも低金利で定評があります。融資限度額が高くなるほど、金利が下がります。
例えば、利用限度額が10万円以上100万円未満であるならば金利が14%、100万円以上200万円未満であるならば金利が12%、200万円以上300万円未満ならば9%、300万円以上400万円未満ならば7%、400万円以上500万円未満ならば6%、500万円以上600万円未満ならば5%、600万円以上800万円未満ならば4.5%、800万円以上1000万円未満ならば4%となります。このように最高で金利は4%になります。

 

融資限度額は、年収によって違いがありますが、最高で1000万円のキャッシングが可能です。
低金利で、融資限度額は高いと言えます。
なお、借りる上で年収やローン残高、過去の返済ステータスが審査項目になっているようです。