早く返せば得をする!おまとめローンの繰り上げ返済

カードローンの借り入れ件数が複数になってしまうと様々な問題が出てきます。
おまとめローンを上手に利用することでそうした問題の多くは解消されますが、おまとめローンのメリットが他方でデメリットになってしまっている場合もあります。
例えば毎月の返済額が低く設定されているために借入残高が減りにくくなっていることなどはその一例です。
今回はそうしたデメリットの解消法について考えてみたいと思います。

 

おまとめローンを繰り上げ返済することのメリットとは?

 

複数の借り入れを抱えて毎月の返済が負担になってしまった場合には、おまとめローンを上手に利用することで負担が軽減されます。
それまで月に何回もあった返済日が1回にまとまりますし、おまとめローン商品の選び方次第で金利や毎月の支払金額を低くすることも可能になります。

 

ただし、負担を軽減するためにおまとめローンを利用するのですから、毎月の返済金額が少なくなるだけではなく、一本化する前よりも確実に総返済額を抑えることができるようにしなければ一本化した意味が薄れてしまいます。
また、複数の借り入れをおまとめローンで一本化しても、それで借金が減る訳ではありません。
いったん膨れ上がってしまった借金を完済するのは大変なことですが、借入を一本化できたことをきっかけに完済に向けてしっかりとした計画を立て、おまとめローンの返済を成功させるという意識を持ちたいものです。

 

そこで、おまとめローンの返済を成功させるためにも繰り上げ返済をすることを考えてみませんか?おまとめローンの繰り上げ返済には以下のようなメリットがあります。
完済するまでの期間が短くなるので利息が大幅に抑えられる
繰り上げ返済した分は全て元金の返済に充てられるので利息が大幅に抑えられる
金融機関からの信頼の度合いが高まる

 

繰り上げ返済の最大のメリットは総返済額を大幅に抑えられるという点にあるのです。

 

おまとめローンにはどんな返済方式があるの?

 

ローンを効率よく返済するにはその返済方式を良く知ることも大切です。おまとめローンではどのような返済方式が採用されているのでしょうか?

 

各種ローンの返済方式は商品概要説明書に明記されていますが、各々どのような特徴があるのかよく分からないという声をよく聞きます。複雑そうに見えるローンの返済方式ですが、3つのポイントを押さえれば随分その違いが分かりやすくなります。
「リボルビング方式」であるか、それ以外の方式か
「元利方式」であるか「元金方式」であるか
「定額方式」であるか「定率方式」であるか
「残高スライド方式」であるかそうでないか

 

リボルビング方式とは、借入残高にかかわらず毎月一定の金額を返済していく方式を指します。例えば分割払いではまず返済回数を決めて、借入残高を返済回数で割った金額を返済します。追加で借入をしたとしても返済回数は既に決まっているので、返済金額が変わることになります。
リボルビング方式では返済金額は毎月一定額に設定されていますので、追加の借入で借入残高が増えれば返済回数が多くなります。

 

「元利方式」と「元金方式」、そして「定額方式」と「定率方式」はそれぞれの組み合わせによって、以下の4つに分類されます。

  • 元利定額方式
  • 元利定率方式
  • 元金定額方式
  • 元金定率方式

 

「元利方式」は利息が返済金額に含まれている返済方式で、「元金方式」は利息が返済金額に含まれておらず、そこに更に利息分を足した金額を返済する方式です。
例えば毎月の返済金額を1万円とすると、元利方式ならばその1万円の中に利息も含まれていますが、元金方式ではその1万円に利息分を足した金額が返済金額になります。

 

また、「定額方式」は毎月の返済金額が決まっている返済方式です。
そして「定率方式」は金額が決まっておらず、借入残高に対して予め決められた割合の金額を返済金額とする返済方式です。
例えば定額方式の場合は返済額を1万円と設定すれば今後もずっと1万円のままです。
しかし定率方式では返済の割合が決められているため、その割合が10%と決められていれば、借入残高が10万円の時には返済金額は1万円になり、また借入残高が5万円のときには返済金額は5,000円といった具合に借入残高に合わせて返済金額も毎月少なくなっていきます。

 

「残高スライド方式」とは借入残高に応じて段階的に返済金額が変わっていく返済方式です。定額の場合には借入残高が少なくなるのに応じて返済金額は少額になっていき、定率の場合には借入残高が少なくなるのに応じて返済割合が大きくなっていくのが一般的です。

 

おまとめローンでは前述した元利や元金、定額や定率の組み合わせによる4つの返済方式に、更にリボルビング払いや残高スライド方式が組み合わされて「残高スライド元利定額リボルビング方式」や「残高スライド元利定率リボルビング方式」などと細分化されていきます。おまとめローンではこのような「残高スライドリボルビング方式」が返済方式として採用されていることがほとんどです。
毎月の返済が少額で済み、返済が進むにつれて返済金額が少なくなっていくのがメリットですが、逆に返済期間が長引き返済総額が大きくなりがちなのがデメリットとなっています。

 

残高スライドリボルビング方式による返済の落とし穴と対策

残高スライドリボルビング方式では借入残高が多い時は返済額も多く、借入残高が少なくなると返済金額も少なくなります。
この返済方式ではミニマムペイメント(最少返済額)が設定されていることが特徴として挙げられます。
本当に返済が負担になっている場合には少額の返済で済むこのシステムは大きなメリットであるといえますが、返済が進むにつれ返済金額が少なくなっていけば元金に充てられる金額も少なくなってしまいます。
結果としてなかなか元金が減らず、返済だけが長引いていくというデメリットも持ち合わせています。返済の負担を抑えるためにおまとめローンを利用したはずなのに、総返済額が却って大きくなってしまうようではおまとめローンの返済が成功したとはいえません。

 

このデメリットを解消するためには、積極的におまとめローンを繰り上げ返済したり最少返済金額に上乗せして返済したりするのが大変有効です。
おまとめローンの総返済額を抑える方法として金利の低いおまとめローンを利用するのももちろん効果があります。
しかし決められた金額より多めに返済をし、借り入れ日数を短くすることも金利を低くするのと同じくらいかそれ以上に総返済額を抑えるのに効果があるということを知っておきましょう。

 

例えば,残高スライドリボルビング方式で100万円を金利14.8%で借りた場合で考えてみましょう。
毎月の最少返済金額が2万1,000円だとして、最少返済金額のみの返済をした場合と最少返済金額に5,000円を上乗せして2万6,000円を返済した場合とで比べてみます。
最小返済額のみで返済を行う場合だと返済回数は73回、返済期間は6年1ヶ月、そして返済総額は151万6,189円になります。
一方、毎月最少返済金額に5,000円を上乗せして返済する場合は返済回数が53回、返済時間は4年5ヶ月、そして支払利息は136万4,150円になります。
月々5,000円多く返済することで返済回数は20回も少なくなり、返済期間は1年8ヶ月も短くなり、そして利息は15万2,039円も抑えることができます。
意識して多く返済することがいかに返済総額の圧縮に有効であるかが分かります。

 

こうすればおまとめローンを効率的に繰り上げ返済できる!

確かにおまとめローンを上手に利用すれば金利を低くすることも、毎月の返済金額を減らして返済期間を短くするも可能です。
しかしおまとめローンの返済方法は残高スライドリボルビング方式であることがほとんどで、借入残高が思うように減っていかないケースが多く見られます。
せっかく一本化できたのなら更に早く借金を完済してしまいましょう。
それには、おまとめローンで一本化する前と変わらない金額で返済を続けるのが最も効果的です。

 

まず、シミュレーションツールなどで一本化する前の状態での総返済額と、おまとめローンで一本化した後の総返済額をしっかり比較しましょう。
おまとめローンを利用した場合の総返済額が借り換えする前の総返済額より必ず少なくなるように設定しておくことも重要なことです。
そして毎月の返済はいくらまでなら可能であるか検討してみてください。
可能であればおまとめローンで一本化した後も毎月の返済額を極力減らさず一本化前の返済額を維持するのが理想です。
どうしても支払いが苦しく、毎月の返済金額を抑えたい場合でも返済額を減らし過ぎないようにすることです。
そして余力ができた時には積極的に繰り上げ返済や上乗せ返済を併用しましょう。最少返済金額よりも少し多く返済するだけでもそのメリットを充分に実感できるはずです。

 

おまとめするなら消費者金融が審査に通りやすい!

アコムの借換え専用ローン

  • 金利:7.7%〜18.0%
  • 限度額:300万円
  • 特徴:金利面では銀行にははるかに及ばない。しかし、おまとめローンを段階的に考えるのであれば、アコムでまとめた後に銀行での借り換えをすれば最終的に低金利でのおまとめローンが可能。

詳細はこちら

早く返せば得をする!おまとめローンの繰り上げ返済

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝える事!

プロミスのおまとめローン

  • 金利:6.3%〜17.8%
  • 限度額:300万円
  • 特徴:アコム同様、銀行の金利には及ばないが、段階を踏んだおまとめローンを考えれば、審査不安がある方はプロミスからおまとめローンを始めるのも一つの手段です。

詳細はこちら

早く返せば得をする!おまとめローンの繰り上げ返済

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝える事!