おまとめローンの審査基準を理解し通りやすい状態を作ることが大事

おまとめローンは一般のローンより審査が厳しいと言われています。
おまとめローンの審査に通りやすい金融機関を探す人はとても多いのですが、それ以前に審査基準を理解せずに審査に落ちてしまう方が非常に多いのです。

 

おまとめローンの口コミや評判が役に立たない理由とは?

 

基本的に金融機関の審査で見られるところはほぼ共通していますので、しっかり頭に叩き込んで審査に申し込むようにしましょう。
また、おまとめローンは通常のキャッシングやカードローンと比べると審査は厳しくなっています。
複数の借金を抱え、返済にも困っている・困りそうなあなたにお金を融資するんですから厳しく見られて当然ですよね。
ですから、より審査基準への理解が必要になってくるわけなのです。

 

おまとめローンの審査基準とは

冒頭でも出ましたが、基本的に審査の内容は通常のキャッシングやカードローンと違いはありません。
ただ、ひとつひとつの項目をより厳しい目で見られるので、少しでも審査通過できる基準に近づけるようできることは行っていきましょう。

 

申込時の入力項目はごまかさない、間違わない

審査落ちする人の3割程度は申込時の不備によるものだそうです。
単純な記入ミスなどがないように慎重に項目を埋めていきましょう。

 

どう書いていいか分からない場合はコールセンターに電話して聞いてみると親切に教えてもらえますよ。

 

また、もってのほかなのが、内容をごまかすというもの。
年収をごまかしたり、無職なのに働いていることにしたり、現在の借入件数や金額をごまかす方も多いですね。
そういったものは全て審査時にバレますし、もしそういった行為が発覚すれば、二度とその金融機関でお金を借りることはできなくなる可能性もあるので注意しましょう。

 

それでは金融機関がどんな項目であなたを審査するかを解説していきます。

 

金融機関があなたに求めるもの・・・
それは安定しているかどうか。

 

安定とは、お金を貸してキチンと安定した返済が見込める人かどうかを見極めるものです。
これが一番おおきなポイントになります。

 

収入が安定しているかどうか

返済できるかどうかの判断で一番見られるのが収入面です。
同じ年収400万円のサラリーマンでも、毎月安定して同じくらいの給料をもらっている人と、歩合の兼ね合いで変動が激しい人とでは、当然前者のほうが安定していると判断されます。
また、金額変動が大きい給与体系の職種というのは、離職率が高いのも一般的ですのでマイナス要因となる場合があります。

 

そして、おまとめしたい金額にもよりますが、パート・アルバイトでも毎月キチンと安定的に収入があれば審査基準を満たすことは可能です。

 

ただし、借入希望金額と年収のバランスであからさまに返済が厳しい金額になる場合は審査通過は厳しいと思ったほうがいいでしょう。

 

勤務形態・職種

前項にも出ましたが、正社員と非正規雇用のパート・アルバイトでは当然正社員のほうが審査通過に近くなります。
また、公務員や上場企業は安定した仕事と見られますが、零細企業・個人事業主などは安定していないと判断される可能性があります。

 

職種から見てみると、前項でも出た歩合の割合が多い仕事や、リスクがある仕事は安定していない、すぐに辞めるかもという判断をされる可能性があります。

 

勤続年数

ながければ長いほど審査に通りやすくなります。
逆に就職や転職してから1年未満の場合は審査通過は厳しいかもしれません。

 

住環境

家族構成や住んでいる住居の形態も審査項目には含まれます。
独身で両親の持ち家に同居、これが最も評価が高いステータスです。
独身で扶養家族がおらず、両親の持ち家であれば家賃や住宅ローンの負担もなく返済に回せる金額が大きいと判断されるためです。

 

逆に賃貸アパートで既婚、子供ありのパターンが一番評価が低くなります。
賃貸だと自分の財産ではないですし、扶養する家族が多ければ多いほど家計は圧迫されて返済が滞るかもしれないからです。

 

また居住年数は勤続年数と同じくながければ長いほうがよく、1年未満だと評価が低くなってしまいます。

 

事故情報がないか

事故情報とは、信用情報機関に登録されたあなたの金融事故情報のことです。
金融事故とは、3ヶ月以上の延滞や債務整理をしている場合につきます。

 

金融機関はこの信用情報機関からあなたの信用情報を閲覧して事故情報がないかを確認しています。
また前述してきた項目もほぼ信用情報から分かってしまいますので、虚偽の申し込みなどは直ぐにバレてしまうのです。

 

また、延滞は5年、債務整理は5年から10年は事故情報として掲載されてしまうので、このような方はブラックリストと呼ばれ、おまとめローンは愚か、クレジットカードや一般のカードローンなども借りることは不可能です。

 

1ヶ月以内に申し込み履歴が3件以内か

申し込みブラックというキーワードが存在するように1ヶ月以内に3件以上の申し込みを行っている場合は、自動で審査に落とす金融機関もあります。
申し込みを何度も行うという行為はお金に困って借金を繰り返そうとしている行為と捉えられてしまうのです。

 

ただ、申し込み履歴は6ヶ月で信用情報から消えるので半年待って再チャレンジしましょう。

 

おまとめローンの審査通過に近づくためには

ここまで紹介してきたおまとめローンの審査基準ですが、事故情報と申し込みブラック以外は金融機関によって若干判断が異なっていたり、1項目基準を満たしていないからと言って審査に落ちるということはありません。

 

例えば、勤続年数が10ヶ月の人は1年経つまで申し込みを待ってみるとか、賃貸アパートで生活している方は可能であれば実家に帰ってみるとか、少しでも金融機関に信用できる人間だという基準を見せる努力も必要です。

 

紹介してきた審査基準をしっかり頭に入れて審査に臨むようにしましょう。

 

おまとめローン審査についてもっと知りたい!

 

銀行よりも消費者金融が通りやすいのって本当なのか

銀行は低金利で高額の融資も可能です。
それだけリスクも高くなりますから、審査は当然厳しくなります。
また、銀行の個人向け融資に対する金融庁の調査が入ったこともあり、過剰貸付の実態があったのではと、さらに逆風が吹いているのです。
そんな状況を鑑みると、もともと審査が厳しい銀行はさらに審査を厳しくしているような状態に陥っており、おまとめローンをしたい方たちにはとても借りにくい状況となってしまっています。

 

そんな状況ですから、消費者金融は銀行から個人融資のパイを取り返そうと躍起になっていますし、おまとめローンなら総量規制の対象外ですから、年収の3分の1以上の高額融資ができるチャンスでもあるので、銀行よりは積極的な融資を望めるでしょう。

 

今おまとめローンで一本化したいなら消費者金融がおすすめです!

 

おまとめローンプランがある消費者金融

アコムの借換え専用ローン

  • 金利:7.7%〜18.0%
  • 限度額:300万円
  • 特徴:金利面では銀行にははるかに及ばない。しかし、おまとめローンを段階的に考えるのであれば、アコムでまとめた後に銀行での借り換えをすれば最終的に低金利でのおまとめローンが可能。

詳細はこちら

おまとめローンの審査基準とは?知っていれば審査が通りやすいかも!

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝える事!

プロミスのおまとめローン

  • 金利:6.3%〜17.8%
  • 限度額:300万円
  • 特徴:アコム同様、銀行の金利には及ばないが、段階を踏んだおまとめローンを考えれば、審査不安がある方はプロミスからおまとめローンを始めるのも一つの手段です。

詳細はこちら

おまとめローンの審査基準とは?知っていれば審査が通りやすいかも!

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝える事!

カードローンが勤め先に在籍確認の電話をする理由とは?

お金を借りるといえば、友人知人や家族に借りるよりも気楽に使えるのが、キャッシングやカードローンです。
利息を支払っているので、ただ借りるといっても頭を下げて申し訳ない気持ちになることはありません。
突然の出費があっても、カードだけで引き出せて、手間もかからず会社によっては手数料もかからず、無利息期間のサービスもあり、銀行から夜間引き出す手数料よりもお得な場合があります。

 

しかしながら、融資にあたっては無担保、無保証人のため替わりに信用を得るために審査をします。
申込みの際には自宅や勤め先についてはきちんと申告して、審査に通る必要があります。
貸付した金額をきちんと返済するためには、きちんと仕事をして、毎月安定した収入を得る必要があります。
つまり返済能力を確認するために勤め先への「在籍確認」があるのです。

 

勤め先の在籍は電話で確認するのが主流です。
書類でも確認するところもありますが、何よりも信用が出来るのが電話確認なのです。
もちろん電話確認は社名を名乗ることは絶対にありません。
第三者に借入の事実を伝えることは法律で禁止されています。
そのためキャッシングやカードローンの在籍確認は、担当者が個人名で確認をします。

 

カードローンにおいて評価の高い勤め先とは?

ところでキャッシングやカードローンにおいて評価の高い勤め先というのがあるのでしょうか?
もちろん仕事をして安定した収入があれば、年齢や年収、他社の借入が規定内であれば借入は殆どできます。
しかし「借入可能金額」は人によってそれぞれです。

 

例えば消費者金融等の貸金業においての法律の「貸金業法」では、例外や除外例を除いて個人の貸付は個人の年収の3分の1を超える貸付はしてはいけない、となっています。
つまり収入によって借入できる金額も変わってきますし、他社の借入状況によっても変わってきます。

 

プラスして考慮されるのが、勤め先の属性です。
勤め先が安定していればしているほど融資する側にとっては安心材料な訳です。
つまり安定した勤め先イコール安定した収入に繋がります。
そう考えると、一番評価の高い勤め先は「公務員」です。

 

次にあたるのが「大企業」更に「中小企業」そして「自営業」となります。
公務員は絶対ですが、大企業はホームペーシ等で会社の存在や大きさや資本金もわかります。
中小企業でも内容がホームページ等でわかれば評価も高いのです。

 

自営業はなかなか勤め先としての確認をとるのが難しくなります。
更に保険証の種類も評価の参考になります。
組合保険証や社会保険証は評価が高く、国民保険証はその次になります。