多重債務者がおまとめローン審査に通るために知っておくべきこと

おまとめローンは総量規制の対象外。多重債務者でも申込可能です。

 

消費者金融やクレジット会社など、複数の貸金業者から借入をし、返済が困難な状態になっている人を多重債務者と言います。
いつでも簡単にお金を借りることができ、困った時には非常に心強いカードローンやクレジットですが、「お給料日前で…」「急な出費が…」などお金が足りない時に借りるという行為を繰り返していると、多重債務への道を進んでいくことになります。
いつの間にか膨れ上がった借金の返済のために今度は別の貸金業者からお金を借り、この積み重ねで2社、3社…と借入先が増えて多重債務状態に陥ってしまいます。
気付いた時にはどの貸金業社からも限度額いっぱいまで借りてしまい、返済日が来るたびに借りては返すという自転車操業状態になってしまうのです。

 

このような状態を解決する糸口となるのがおまとめローンです。
おまとめローンとは、複数の金融機関に借金がある人が借入先を一社にまとめるためのローンです。
返済日が月に一度になるので管理がしやすく、金利が低いおまとめローンへ借り換えすることで現行ローンよりも金利を下げることも可能です。

 

しかし、いくらおまとめローンが良いといっても、複数社から限度額ギリギリまでお金を借りている多重債務者は新たに借入ができるのかという問題があります。
多重債務者が生まれるのを防止するため、貸金業法では2010年より融資限度額は年収の3分の1を超えてはいけないという総量規制と呼ばれるルールが導入されました。
この総量規制は、消費者金融の借入やクレジット会社、信販会社のキャッシングに適用されます。
年収の3分の1を超えた新たな借入ができないのであれば、多重債務者の場合はおまとめローンの申込みも無理なのでは…と不安に思う方もいるでしょう。
しかし、総量規制には例外となる貸付があり、全ての借入が対象となっているわけではありません。
おまとめローンは消費者を救済するための特殊なローンであり、総量規制の例外要件である「顧客に一方的有利となる借り換え」という条件を満たしています。
そのため、総量規制の対象外となっており、多重債務者でも年収の3分の1を超える額をまとめて一本化することができます。

 

おまとめローンの審査基準を解説!多重債務者は審査に通りにくい?

 

消費者を救済するための商品であるおまとめローンなら審査が甘いのではないかと考える人も多いのですが、実際には一般の新規ローンよりも審査が厳しいと言われています。
おまとめローンは既に複数の貸金業者からの借入を一本化するので高額融資になりやすく、貸し倒れのリスクも高いので多重債務者に対しては特に慎重に審査が行われるためです。

 

では、おまとめローンの審査ではどのようなポイントをチェックされるのでしょうか。多重債務状態に陥りおまとめローンの審査に通るか不安という方は、審査基準を満たしているかどうかチェックしてみましょう。

 

まず、安定した収入があるということは、多重債務者かそうでないかに関わらずローンを利用する上での必須条件です。
借りたお金を最後までしっかり返済していかなければならないので、今後も長期的に安定して仕事を続けていけるのかという点を正社員、契約社員といった雇用形態や勤務先の規模や業種から判断します。
それなりに収入を得ているとしても、日雇いアルバイトの場合はいつ仕事があるかも分からないので審査に通らない可能性もあります。
また、勤務年数もチェックポイントの一つです。長く同じ会社に勤めている人と転職を繰り返している人とでは、同じ多重債務者でも全く印象が違います。
転職を繰り返している人は今後の見通しも不透明ですが、勤務年数が長い人は引き続き同じ会社で安定した収入を得て、そこから決められた通りに返済もしていくだろうという信頼性があります。

 

そして、多重債務者の方にとって特に重要なのが借入に関する項目です。
おまとめローンは複数の債務があることが前提なので、借入先が複数あることが必ずしも良くないというわけではありません。
問題なのは、あまりにも借入先や借入総額が多すぎる場合です。年収に比べて借入総額が大きすぎる場合は、審査に通らない可能性は非常に高いです。

 

また、現在の借入だけではなく過去に借りてきたカードローンや消費者金融の返済履歴も重要です。
おまとめローンを申し込むからには、多重債務状態から抜け出してこれからは真面目に返していこうと強く決意する方も多いです。
しかし、やはり過去の返済で事故を起こしていると審査には非常に厳しく影響します。
長期延滞や債務整理などの事故情報が信用情報機関に登録されていれば、その間は審査に通ることはありません。審査の時点で延滞を解消していたとしても、長期延滞をしていたという事実は数年間残るので暫くは新たな借入はできないでしょう。
数日程度の短期延滞であっても、数ヶ月間に何度も繰り返してしまうと審査に通らない可能性が高くなります。
やはり理想的なのは滞納や未納が一度もない状態です。
返済期日を守っている期間が長いほど審査での評価は高くなります。

 

そして、これらの項目はおまとめローンの申込み時に申し込み用紙への記入する自己申告方式となります。
年収や勤務先は源泉徴収票などを確認書類として提出する場合は事実と異なることを記載することはできませんが、他社の借入件数や総額、勤務年数はその場では貸金業者側には分かりません。
だからといって、少しでも審査での評価を良くしようと借入件数や総額を少なく申告したり、勤務年数を実際よりも長く記載するのは厳禁です。
おまとめローンに限らず、審査では虚偽の報告をするのは致命的です。
特に借入件数や金額は、CICやJICCなどの信用情報機関のデータを金融機関側でも審査の際には確認することができるので嘘は100%バレてしまいます。
たとえ意図的ではなかったとしても、自分の借金について把握できていない人物としてマイナス評価となってしまいますので、記載ミスにも注意しましょう。

 

審査に通りやすくするには?自分の状況を見直して評価アップ!

 

おまとめローンの審査に通りやすくするためには、少しでも評価がアップするように自分自身の置かれている状態と審査基準を照らし合わせて状況を見直してみることが大切です。

 

多重債務者の場合、審査でつまずきやすいのが借入件数です。
複数の債務があることが前提のおまとめローンだからといって、何社でも一本化できるというわけではありません。
明確な判断基準は一般には公表されていませんが、5社以上から借りている場合は審査に通らない可能性が高くなります。
おまとめローンを利用したいのであれば、一番完済しやすい債務の繰り上げ返済をして借入先数を4社以下にするようにしましょう。
これによって借入件数を減らすことができるだけでなく、完済実績を作ることができるというメリットがあります。「実際に債務を完済した」という事実は審査では非常に有利に働きます。
自己資金で一件でも借入を完済できることが最も望ましいのですが、完済できるほどのお金はないという場合は、限度額にまだ余裕のある先から更に借入をし、そのお金を残債が少ない先の返済に充てて借入先を減らすという方法もあります。
審査前に借入先を少しでも減らすことができるよう努力してみましょう。

 

勤続年数もポイントアップに繋がる項目です。
もし、あと数ヶ月待てば勤続年数が1年になるような場合は、1年を経過するまでおまとめローンの申し込みを少し待ってみましょう。
たった数ヶ月の差で影響はないのではないかと感じるかもしれませんが、勤続年数が1年未満か1年以上かで評価ポイントが変わる可能性があります。
何度も審査にチャレンジしてみれば良いというわけではありませんので、少しでも審査に通る可能性が高くなるのであれば、この数ヶ月を待ってみる価値は十分にあります。
また、少しでも債務を減らすために条件の良い仕事に変えよう!と転職を考えている方は、おまとめローンの申し込みのタイミングには気をつけて下さい。
前職でコツコツと長く勤めていたとしても、転職をすることで現職の勤務年数が短いという評価になってしまいます。
もし、転職を検討しているのであれば、転職前におまとめローンの申し込みをしておく方が良いでしょう。
止むを得ず転職後におまとめローンの申し込みをすることになった場合は、転職したことによりどのようなメリットがあったかを申込み時に伝えておくと勤務年数が短いというマイナス評価を打ち消せる可能性もあります。

 

もし、おまとめローンの審査に落ちてしまったら、焦る気持ちからすぐに他の貸金業社のおまとめローンの審査を受けたいという方もいるでしょう。
しかし、短期間で複数の先へ借入を申し込む行為は多重申込とみなされ、これも審査ではマイナスに働きます。
まずは、なぜ審査に通らなかったのか原因を考えた上で、少しでも評価アップできる点はないかを探してみましょう。

 

【まとめ】多重債務者はおまとめローンの審査に通りやすい状況を整えましょう

 

複数の貸金業社から借入をしすぎて返済が困難になってしまった場合、おまとめローンで債務を一本化して返済を楽にする方法が有効です。しかし、多重債務者の場合、審査では非常に厳しく判断されることが予想されます。

 

厳しい状況の中でおまとめローンを利用するためには、まずは自分自身が多重債務に陥っていることを真剣に受け止め、少しでも審査での評価をアップさせるために自分の環境を整えることが大切です。
コツコツと返済をして一社でも借入先を減らしたり、勤務年数が長くなるように申込みのタイミングを工夫するといった努力も必要です。
そして、申込みの際には絶対に嘘をつかず、正直に申告をしましょう。
審査に通るか不安な気持ちもありますが、正直に申告をすることが基本中の基本ということを覚えておいて下さい。