難しくない債務整理の4種類を借金に見合った形で決断しよう 

 

今現在の借金の額と立場によって適した処理ができます。
自己破産という言葉を良く耳にした事があるかと思いますが、その他に自己破産を合わせて計4つの方法があります。
この中で特に現状が苦しい方が自己破産という決断をする形になります。
例えば自営業の方はこういった手段を取ることが多いのですが、これは自分の会社が経営できなくなり次の職場を見つけるまで一定期間無職になるからです。
この債務整理の中で最大の特徴は収入に大きく関わっていて、現状収入がない方の手段として自己破産を選ばれるのです。
収入がない代わりに今ある財産を失うことを条件にするのが特徴です。
この他に任意整理・特定調停・個人再生の3つがあります。
任意整理=主に利息の再計算をして今ある借金の見直しを行い、減額を見込めます。また月々の返済額が軽減する場合もあります。
特定調停=任意整理と似ていて利息の再計算をします。ただし、こちら側には不利が多いため選択する方は少ない。
個人再生=今ある借金から一部の額を3年で支払うことを条件に、残りの借金を免除する方法です。条件が借金5000万円以下(家のローンは含まれない)で収入が長期に渡り安定すると判断された場合などがあります。
メリットは財産を失うことなく借金を整理することができます。
この債務整理の選択で弁護士報酬が変わってきます。

 

弁護士報酬は弁護士によって様々で大きく変わります。

 

さて債務整理を簡単に理解できたところで、次は弁護士の依頼料のことを知っていきましょう。
弁護士に依頼する際に報酬を支払うことを弁護士報酬と言います。
今の生活を変えたくて債務整理を依頼するので、支払う方も気になるところですね。
先ほど触れた4つ 任意整理・特定調停・個人再生・自己破産
この中から依頼し支払うことになるのですが、何十万単位の弁護士報酬を支払うとします。
生活が苦しい中でこの額はそう簡単に用意できないと考えられますが、支払い方法は分割で支払うことが可能ですので、分割に関しては弁護士と相談して決められますので、安心して話し合って決めて下さい。
細かく話すと弁護士が借金をどれくらい少なくしてくれたかで変わってきます。
減額してくれた額から10%〜20%あたりの考えで良いと思いますし、弁護士報酬を意識してくると思ったより今の心境が変わるかなと思います。
債務整理は今の借金を軽くしてくれるためにあると考えて、自分に見合った選択を考えて自分の考えと弁護士に任せて下さい。
弁護士報酬はあくまでそれからなので。
相談することで少しでも楽になる方が多いので、少しずつ知っていって弁護士事務所に訪ねてみるのも良いと思います。