おまとめローンは主婦でも利用できるか?審査に通るために必要なこと

おまとめローンで借入を一本化したい!主婦でも利用できるの?

 

毎月頑張って家計のやりくりをしていても、大きな買い物や急な出費でお金が足りなくなってしまったという経験をしたことがある主婦の方は多いのではないでしょうか。
そんな時、いつでもすぐにお金を借りることができて非常に便利なのがキャッシングやカードローンです。
しかし、家計の足しにしたり、自分の趣味にもお金を使っているうちに限度額いっぱいまで借入をしてしまい、次は別の貸金業社で借入をするという使い方を繰り返しているといつの間にか多重債務に陥ることになります。
そして、今度は次から次へとやってくる借入の返済に毎月追われ、更にやりくりが苦しくなってしまいます。

 

このような複数社からの借入返済に追われて困窮している方の解決策となるのがおまとめローンです。
現在の借入よりも低い金利のおまとめローンで一本化すれば支払利息の負担も楽になる上に、返済日もまとめることができるため多重債務の重圧からも解放されます。
しかし、「今ある借入を一本化することができれば確かに返済は楽にはなるけれど、そもそも主婦はおまとめローンを利用できるの?」という疑問に思う方もいるでしょう。

 

結論から言うと、主婦でもおまとめローンを利用することはできます。
ただし、全ての主婦が利用可能というわけではないので注意して下さい。
近年は働き方や生き方などによって多数の選択肢があり、主婦にも様々な形態があります。男性と同じように正社員でバリバリ仕事をしている方もいれば、家庭とのバランスをとってパートや派遣社員という働き方もあります。
また、子育てや家事に専念するために仕事をせず専業主婦をしている方も大勢います。この収入があるかないかという違いが、おまとめローンを利用できるかを左右する大事なポイントです。

 

貸金業法には「借入は年収の3分の1までを限度とする」という総量規制と呼ばれるルールがあります。
多重債務者の場合、この総量規制の限度額を超えているため新規の借入ができないというケースも多いのですが、消費者金融の提供している「貸金業法に基づくおまとめローン」は総量規制の対象外となるので年収に関係なく申し込みすることは法律的には可能です。
しかし、各貸金業社のおまとめローンの申し込み条件には「安定した収入のある方」と記載があるため、実際には収入のない専業主婦は申し込みをすることはできません。

 

この安定した収入というのは正社員に限定するという意味ではありません。
正社員はもちろん、パートやアルバイトでも継続的に収入があれば申し込み条件を満たします。
つまり、働いている主婦であればおまとめローンに申し込むことは可能ということになります。

 

主婦が審査に通過するためのポイント!収入以外の審査項目にも注目

 

働いている主婦であればおまとめローンに申し込みをすることはできますが、やはり重要なのは審査に通過するかどうかです。
申し込み要件を満たしていたとしても、肝心の審査に通らなければ借入の一本化をすることはできません。
審査に通過するためのポイントを押さえておきましょう。

 

おまとめローンに限らず、ローンの審査基準は一般には公開されていません。
「収入が何百万以上なら審査に通る」、「正社員だから審査に通る」といった判断ではなく、信用情報や申込者の属性などから総合的に返済能力が判断されます。
パートやアルバイトで働いている主婦が審査で不利になるかというと、必ずしもそうとは限りません。
審査で重要なのは「きちんと最後まで返済を続けていくことができるか」ということです。

 

返済を最後まで続けていくためには、安定した収入がこの先も毎月入ってくることが必要です。
パートで週5日程度の勤務を何年も続けている人と、不定期でパートをしている人とでは、同じ年収であったとしても前者の方が審査に通る可能性が高いといえます。
パートであっても正社員と同じように定職としている場合は、パートであることが審査で大きなマイナス評価にはなりません。
反対に不定期な働き方をしている人は今年は収入が十分にあったとしても、来年以降に仕事が定期的にあるのかということは分かりません。
今後の見通しが不透明なため「安定した収入」とは言い難く審査に通過しにくくなります。
また、勤務年数が短い人も収入が安定しているとは言えません。
正社員であっても働き始めて2、3ヶ月の場合は審査で落ちてしまう可能性があります。
短期間で転職を繰り返している人も同様です。
おまとめローンを申し込むのであれば、できれば1年以上の勤務実績を作ってからの方が良いでしょう。

 

ローンの審査は様々な項目を総合的に判断します。つまり、重要なのは収入だけではないということです。審査項目の中でも特に気をつけておきたいのが信用情報です。
信用情報とはクレジットやローンの契約内容や利用残高、支払状況などの取引に関する情報で、借入の審査の際には必ず判断材料にされるものです。現在の借入だけでなく、過去の履歴についても登録されています。この信用情報にネガティブな情報が登録されている場合は、おまとめローンの審査に通過するのが非常に厳しくなります。例えば、過去に債務整理や自己破産をしたことがある、他者の借入やクレジットカードの返済が遅れがち、長期延滞をしていたことがあるなどが挙げられます。
家庭との両立で忙しく、返済日までに入金しておくのがついつい遅れてしまうことが多いという主婦は要注意です。数日の遅れといえども、何度も延滞を繰り返していると審査にも影響します。

 

専業主婦はおまとめローンが利用できない!お金の使い方には注意しましょう

 

「安定した収入がある方」という条件がおまとめローンに付いている以上は、収入がない専業主婦はおまとめローンを利用することができません。
更に専業主婦の場合は総量規制に引っかかるため、通常のカードローンであっても消費者金融で利用することはできません。
もし、専業主婦が複数の借入を一本化するのであれば、銀行系の通常のカードローンをおまとめ目的で利用するしか残された道はありません。
銀行の貸付は総量規制の対象外であるため、収入がなくても申し込みすることができ、審査に通れば契約も可能です。

 

しかし、専業主婦の場合、実際には銀行カードローンをおまとめ目的に使うのは向いていません。
銀行カードローンの中には専業主婦でもOKと記載されている商品も多いですが、審査に通過したとしても収入のない専業主婦の場合は限度額が通常よりも低く設定されてしまいます。
上限額は20万から50万程度となることが多く、毎月の返済に困る程の借入を抱えている方にとってはおまとめするには少なすぎる額ではないでしょうか。

 

おまとめローンも利用できず、膨らんでしまった借入を自分ではどうしようもできない場合は、家族に相談するのも一つの手です。
そうならないためにも、お金の使い方には十分に注意しなければなりません。

 

【まとめ】安定した収入があれば主婦でもおまとめローンは利用可能!専業主婦の場合は要注意

 

アルバイト、パートなど正社員ではなくても働いていて安定した収入がある主婦であれば、おまとめローンを利用して借入を一本化することは可能です。
ただし、他の返済が遅れがちであったり、過去に延滞や自己破産の事故情報が登録されている場合は、収入があったとしても審査に通過することは難しいということを覚えておきましょう。

 

おまとめローンを利用する以上は、今後は新たな借入をせず、きちんと返して完済をするという強い意志を持つことが大切です。
日々のお金のやりくりに困った時に便利なカードローンですが、使い方には十分に注意して多重債務に陥らないようにしましょう。
専業主婦の方は、おまとめローンを利用することができないので特に気をつけなければなりません。
複数社から借入をして毎月の返済が追いつかないという状況にまで陥ってしまったら、家族にも相談して現在の状況や今後の返済についてしっかりと話し合い、債務をこれ以上増やさないようにしましょう。

 

おまとめローンの評判や口コミについて

 

アコムの借換え専用ローン

  • 金利:7.7%〜18.0%
  • 限度額:300万円
  • 特徴:金利面では銀行にははるかに及ばない。しかし、おまとめローンを段階的に考えるのであれば、アコムでまとめた後に銀行での借り換えをすれば最終的に低金利でのおまとめローンが可能。

詳細はこちら

おまとめローンは主婦でも利用できるか?審査に通るために必要なこと

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝える事!
プロミスのおまとめローン

  • 金利:6.3%〜17.8%
  • 限度額:300万円
  • 特徴:アコム同様、銀行の金利には及ばないが、段階を踏んだおまとめローンを考えれば、審査不安がある方はプロミスからおまとめローンを始めるのも一つの手段です。

詳細はこちら

おまとめローンは主婦でも利用できるか?審査に通るために必要なこと

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝える事!